レポート

ベリタステクノロジーズ合同会社

後悔しがちなクラウド移行、最適化に必要な3つのポイント

スムーズなクラウド移行と効率的なクラウド環境を実現するには、当然だが適切な準備が必要だ。企業データの把握、クラウド移行、移行後の保護体制という3つのプロセスで、要点を抑えた準備をできるかが、クラウド移行の成否を左右する。

要約

 マルチクラウド戦略を取る企業が増える一方で、クラウド移行した企業からは「想定より効果が低い」との声も多く聞こえる。本来は柔軟性や費用対効果の高いクラウド環境だが、そのメリットを最大限に高めるには適切な準備が必要だ。

 そのポイントの1つが企業データの把握だ。企業のストレージ予算のうち、約50%は活用されていないダークデータに費やされているといわれる。データの構成を把握し、カテゴリーを整理した上で適切な配置を計画してこそ、クラウド移行を効率的に進められるようになる。

 続けて、データとアプリケーションの依存関係にも配慮してクラウド移行を進めていく。このとき、移行後の環境の保護体制もあらかじめ検討すべきポイントだ。本コンテンツでは、これら3つのプロセスで企業が配慮すべき要点を解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/04/13
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間1ページ
ファイルサイズ449 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け