事例

株式会社Donuts

直観的な操作で申請・承認状況を可視化、ワークフロー製品で業務はどう変わる?

経費精算や稟議(りんぎ)などの手続きをシステム化するワークフロー製品。多くの選択肢の中から、どのような製品を選べばよいのか。2社の事例から、インタフェースや検索機能などに優れた製品を導入するためのポイントを探る。

要約

 経費精算や稟議(りんぎ)などの手続きをシステム化するワークフローシステム。数多くの製品が存在するため、製品選定で失敗するケースも少なくない。家事代行ビジネスを手掛けるベアーズも、インタフェースの使いづらさや検索機能の不備など、従来のシステムに不満を抱えていた。

 それらの課題を改善すべく同社が導入したのが、申請・承認状況を可視化するクラウド型のワークフローシステムだ。可視化機能とともに検索機能が充実したことで、社内の情報共有が促進し、業務効率が向上。さらに、直感的に操作できるインタフェースにより従業員への浸透がスムーズに進んだ効果も大きいという。

 本コンテンツでは、低コストで導入できるクラウド型ワークフローシステムの機能を同社を含む2社の事例を交えつつ紹介する。申請者にも管理者にも直観的で使いやすいインタフェースについても、PCとスマホアプリの両方の画面イメージを確認できる。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「株式会社Donuts」に収集される
  • 「株式会社Donuts」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「株式会社Donuts」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/04/13
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間13ページ
ファイルサイズ14.91 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け