製品資料

富士通株式会社

「決め手はIoTと音」、高齢者見守りサービスは次のステップへ

居住者の事故や異状を発見する「見守りサービス」にあった課題を、「IoT」と「音」で解決するサービスが注目されている。居住者自身が何かする必要はなく、プライバシーへの配慮もなされているという。

要約

 近年、大きな問題となっている社会の高齢化。その影響は住宅事情にも及び、賃貸住宅でも「見守りサービス」のような安全対策が求められている。しかし、従来型サービスのような、通報ボタンや監視カメラ、訪問/電話などによる見守りには、緊急対応能力やプライバシーなどの面で課題が残されていた。

 そこで注目されているのが、音を活用した見守りサービスだ。携帯電話のノウハウを生かした「音」分析で、生活音から安否確認を行い、咳やいびきから健康状態を推測する。緊急通報のように居住者が行動する必要がなく、カメラで生活を監視されることへの抵抗感を拭えることが最大の特徴だ。

 使用するセンサーは、音だけでなく人の動きや室内の温度・湿度を検知。異常があれば、看護師が常駐する24時間365日体制のコールセンターに通知する。本コンテンツでは、この見守りサービスを支える技術に加え、緊急時以外の「身の回り相談」など、ワンストップで提供されるサービスの数々を紹介していく。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/04/13
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ1.43 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け