事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

100台のiPhoneから社内システムへの安全な接続を実現――EMM導入の決め手は

外回りや客先常駐など、オフィスに常駐しない働き方では社内システムへのアクセスが課題となりがちだ。特に今はスマートフォンの活用要望が高く、紛失や盗難のリスクを避けながら安全なアクセスを実現した事例を紹介する。

要約

 外回りや客先といったオフィスに常駐しない働き方は、モバイルをうまく活用することで作業効率を大きく改善させられる。メール確認やスケジュール調整などを移動中のスキマ時間に行えば、訪問先や常駐先では本来の業務に専念できる。

 ただし、モバイル端末には常にセキュリティのリスクが伴う。モバイル端末から社内の業務システムへセキュアにアクセスする仕組みや、端末自体のセキュリティを担保する仕組みを提供するEMM(Enterprise Mobility Management)ソリューションの導入が必要になるだろう。

 とはいえなかなか実感しづらいEMMについて、実際にモバイル活用で業務改善を達成したJIECの事例で全体像をつかんでみよう。会社貸与のiPhoneから社内サーバへのセキュアなアクセスを実現すると同時に、業務用と個人用の領域を分離し、顧客や業務にまつわる情報を安全に管理できるようになったという。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/04/05
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ703 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け