レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

こんな会社ならMDMが無くても大丈夫……さて、あなたの会社は?

今後、企業はモバイル端末の活用と管理の両面を強く意識する必要がある。活用しなければ業務のスピードや効率で他社に後れを取り、適切に管理できなければ情報セキュリティ上のリスクをもたらす。しかしそこにMDMはいらないかも?

要約

 スマートフォンやタブレット端末はビジネス現場へ急速に普及してきた。業務の効率性やスピードアップを求め、さまざまな部門が多種多様なモバイルアプリケーションを使おうとしている。従業員の私有デバイスを業務に利用するBYOD(Bring Your Own Device)の登場だ。

 一方で、モバイルデバイスには紛失・盗難、脆弱性といったさまざまなリスクがつきものだ。企業としては適切に管理し、リスクを低減させる必要がある。そのプロセスでエンドユーザーやIT部門に余計な負担をかけたくない。こちらはMDM(Mobile Device Management)の登場だ。

 さて両者がそろったところで「BYODだけで十分、MDMなんていらない10の条件」を挙げてみよう。それぞれがユーモラスな内容となっており、「そんな条件あり得ない」と笑い飛ばしながら、逆説的にMDMの必要性を感じ取ってもらいたい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/04/05
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ305 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け