Webキャスト

エントラストジャパン株式会社

自動車の内部コンポーネントへの攻撃を防ぐID認証技術とは?

IoT技術の導入が急速に進む自動車業界。車と車、車とインフラの通信が当たり前となる日も近いといわれるが、その一方で、ブレーキや駐車支援などのシステムに対するリスクが問題視されている。そこで、自動車の内部コンポーネントを守るID認証技術を紹介する。

要約

 IoTによる変革が急速に進む分野の1つに自動車業界がある。現在の自動車開発は、ネットワーク接続によるドライビングエクスペリエンスの向上を目指して進んでおり、将来的には、車と車の通信、車とインフラの通信が実現するといわれる。

 しかし、急速なイノベーションは、自動車に必須のメカニカルな機能に対するリスクを高める。自動車の内部領域は、動力機構のTCUやエンジンを制御するECUなどの多数の電子コンポーネントによって構成されるが、これらがセキュアでなければ、高度な運転者支援サービスに対する攻撃を許すことになるからだ。

 それでは、ブレーキや駐車支援などのクリティカルなシステムを守るための信頼できるデバイスエコシステムとはどのようなものだろうか。本コンテンツでは、今後のIoTセキュリティプラットフォームとして期待されるID認証技術を分かりやすく紹介する。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/04/07
フォーマットURL
種類Webキャスト
ページ数/視聴時間3分13秒
対象業種全業種向け
対象企業規模大企業