製品資料

富士通株式会社

テレワークに必要な環境は? 社外業務で安全性と生産性を両立する秘訣

多様な人材を活用するため、場所にとらわれない「テレワーク」を模索する企業が増えてきた。しかし、社外での勤務を可能とするためには、「安全なアクセス」や「オフィスと同じ作業効率」を実現する必要がある。

要約

 場所にとらわれない働き方として「テレワーク」が脚光を浴びている。育児や介護などの家庭の事情があっても在宅で働き続けることができ、移動先や災害時などにも作業ができるなど、人や状況に応じた多様な働き方を企業が受け入れられるのが大きな魅力だ。

 しかし、テレワークには「社外からの安全なアクセスは可能なのか」「オフィスと同じ効率で働けるのか」など効率性・安全性への懸念も浮かぶ。そこで注目されているのが、ユーザーの業務に必要な自分専用のPC環境をサーバ上に用意し、PCやタブレットから必要な時にアクセスして利用できる「仮想デスクトップ」だ。

 仮想デスクトップなら、外部の端末にデータを保存しないためセキュリティを確保しやすく、オフィスで働くユーザーと同じ環境を用意できる。人材不足がますます深刻化する中、業務スタイルの多様化は労働力確保の大きなアドバンテージにもなる。テレワークと仮想デスクトップの親和性や導入のポイントを解説していく。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/04/05
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ1.86 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け