製品資料

株式会社UNCOVER TRUTH

Web事業を成長させる、データドリブンな「高速PDCA」の実現方法

金融やメーカーを中心にさまざまな業界で「Webサイト改善の高速PDCA」導入が進む中、多くの企業で「うまく運用できず、成果につながらない」という悩みがある。実例を交えて高速PDCAを回すヒントを紹介する。

要約

 これまでのWebサイト運用では、長期間にわたって効果を測定し、大掛かりなリニューアルで課題を解決する手法が取られてきたが、近年は短期間で検証と改善を繰り返す「高速PDCA」が主流になりつつある。

 高速PDCAをうまく回すには、データドリブンであることが成功の鍵だ。多くの企業では、Google Analyticsなどアクセス解析ツールを用いてWebサイト改善のPDCAを回しており、一見データを活用できているようにも見える。しかしそれだけでは「課題があるページ」は分かっても「課題の原因」は分からず、Web担当者の勘と経験に頼った改善活動となってしまう。その結果、全体としてPDCAがうまく回らないという課題を抱えることになる。

 そこでデータドリブンな高速PDCAを実現するために、アクセス解析ツールだけでなく、原因特定のためのヒートマップツール、改善施策を検証するABテストツールを併用する企業が増えてきている。本資料では、実際にヒートマップ分析を活用して改善活動に成功したベネッセコーポレーション社の事例を交え、高速PDCAを実践するためのヒントを紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「株式会社UNCOVER TRUTH」に収集される
  • 「株式会社UNCOVER TRUTH」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「株式会社UNCOVER TRUTH」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/03/27
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間26ページ
ファイルサイズ9.51 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け