製品資料

レノボ・ジャパン株式会社

IT環境のボトルネックを解消――課題別ストレージ選びのポイント

ストレージの選定においては、容量や拡張性、コスト、入出力性能、セキュリティ、管理性など、検討すべき要件は多い。フラッシュストレージや圧縮機能など新たな技術も投入され、さらに選択肢が増えたストレージ選びのポイントを解説する。

要約

 データは企業がビジネスを遂行する上で不可欠なものだが、常に増え続けるデータを万全に保護し、活用できるかどうかは、その置き場所であるストレージ次第となる。そのストレージも、いまや多種多様な製品が市場に出回っており、一体どれが適しているのか、選定に悩むユーザーも多いことだろう。

 しかも最近では、記憶媒体の主流がディスクからフラッシュへと移り変わろうとしているのに加え、リアルタイム圧縮など高度な機能も普及し始めた。選定の上で考慮すべき要件が増え、これまで以上に選定が難しくなってきている。

 本コンテンツは、より適切なストレージをユーザーが選べるように、「増え続けるデータを効率的に管理したい」「データ共有がボトルネック」「DBサーバの性能低下」「やっぱりTCO削減」など、課題となるポイントごとに選定のコツを分かりやすく解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/24
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ5.02 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け