レポート

日本ヒューレット・パッカード株式会社

「インテル×HPE」から生まれる次世代ITインフラの姿とは?

近年、大きな進化を見せているハイパーコンバージドインフラ(HCI)。「ソフトウェアデファインド」のビジョンを掲げ、ITインフラの進化を目指すインテルが“本命”として注目する製品から、将来のITインフラの姿を探る。

要約

 仮想サーバ環境や仮想デスクトップ環境の統合基盤として成熟を見せつつあるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。近年、急速に進化しているHCIの将来像をインテルとHewlett Packard Enterprise(HPE)のスペシャリストはどのように見ているのだろうか。

 インテルは、企業ITインフラの進化形として「ソフトウェアデファインド」という具体像を描いているのだという。このビジョンに基づき、2016年に発表した「インテル Xeon プロセッサー E5 v4ファミリー」では、ソフトウェアデファインド基盤に必須の機能強化も行った。

 そんな同社の担当者が「ハイパーコンバージドの本命」として挙げるのが、Xeonプロセッサでラインアップがさらに拡充したHPE製品だ。本コンテンツでは、ハイパーコンバージド製品のパフォーマンスを大きく左右するSDS環境を解説するとともに、両社のコラボレーションが生み出す次世代ITインフラの姿を探る。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. 閲覧に際し、以下の「個人情報の第三者提供について」をご確認ください(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/21
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ1.53 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け