製品資料

コムスコープ

OM4互換で100ナノ以上の広帯域に対応、次世代型マルチモード光ファイバーとは?

データセンターにおけるデータ伝送速度や帯域幅への要求は年々高まっている。OM3/OM4規格のレガシーアプリケーションを維持したまま、これらの要求に応えるには、どのようなケーブルシステムを選ぶべきだろうか。

要約

 データセンターにおけるデータ伝送速度や帯域幅への要求が高まるに伴い、ケーブルシステムのコスト増大が見込まれている。その一方で、OM3/OM4ファイバー対応のレガシーアプリケーションも当面は維持し続けなければならない。

 そんな状況のなか、将来のニーズや課題まで見据えて選ばれているのが、強化された短波長分割多重方式(SWDM)技術により、850ナノメートルから950ナノメートルを含む、100ナノメートル以上のレンジを実現したワイドバンドマルチモードファイバー(WBMMF)ケーブルだ。

 従来の850ナノメートル単一波長にも対応するため、OM3/OM4規格との互換性を持ち、マルチモードファイバーのメリットである高い費用対効果を得られることが最大の特徴だ。本コンテンツは、WBMMFとOM3/OM4の違いや、WBMMF製品を構成するワイドバンドモジュールや低損失トランク、ファンアウトコードなどを紹介するシンプルな資料だ。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/17
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ1.08 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け