レポート

KDDI株式会社

「Slack」に挑む2つのサービス、ビジネスチャットの進化の行方とは

企業内でコミュニケーションを促進させるビジネスチャットツール。本稿は、最新動向として「Cisco Spark」と「Workplace」がどのようなサービスで、どのような可能性があるのかを紹介する。

要約

 企業内でのコミュニケーションは従来、メールが一般的に使われていた。しかし社内メールを作成する手間や、メールが埋もれてしまい目的のメールが探しにくいなどさまざまな問題が浮上している。そこで注目されているのが、使い心地がコンシューマー製品に近く、コミュニケーションを促進する「ビジネスチャットツール」だ。

 そのビジネスチャットツールの中で人気を集めているのが「Slack」である。シンプルなインタフェースやさまざまなアプリケーションとの連係機能がその理由だ。そんなSlackに挑む2つのツールがある。

 本稿では、ビジネスチャットツールの「Cisco Spark」と「Workplace」がどのようなツールで、どのような可能性があるのかを紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「KDDI株式会社」に収集される
  • 「KDDI株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「KDDI株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/03/17
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間5ページ
ファイルサイズ380 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け