レポート

フォーティネットジャパン株式会社

徹底解説:技術の移行が進むランサムウェアの動向と対策

ランサムウェアの活動状況にも変化が見られるようになった。近年の動向から、新しいランサムウェアテクノロジーへの移行が進んでいる状況を明らかにし、今必要なランサムウェア対策の構築法について、ポイントを絞って解説する。

要約

 国内での感染被害が広がるランサムウェア。近年の動向を見ると、2015年に猛威を振るった「CryptoWall」の活動が、セキュリティ企業や公的機関の撲滅活動などにより徐々に減少し、「Locky」をはじめとする新型のランサムウェアへの移行が進んでいる。

 Lockyは、日本語を含む多言語対応がなされているため、国内での感染活動も頻繁に見られるが、2015年4月移行、その活動は収まりつつあった。しかし、その亜種である「Zepto」の登場で、同年9月以降に再び活発化している。また、脅迫文を音声で読み上げることで話題となった「Cerber」の活動も散発的に続いている。

 このような新種のランサムウェアへの対策を実施するためには、その感染パターンを知る必要がある。本コンテンツでは、国内でのランサムウェアの活動推移と3つの感染パターンを詳細に解説する。複数のセキュリティ製品による多層防御とセグメンテーションの重要性を知り、統合的なランサムウェア対策の実現につなげてもらいたい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/13
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間37ページ
ファイルサイズ6.15 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け