レポート

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

悪用されるWebサイトランキング――セキュリティ脅威レポートの実態報告

WebサイトやWebサーバで脆弱性が残っている割合はどれくらいだろうか? 実は、およそ8割に何らかの問題が潜んでいるという。サイバー攻撃はこの点を確実に突いてくる。知らず知らずのうちに「踏み台」になっているかもしれない。こうした実態を探ってみよう。

要約

 シマンテックが2016年に行ったWebサイト調査によれば、2015年における脆弱性の存在は78%、重大な脆弱性の割合は15%にも上った。その主な原因は、パッチ適用や更新がしかるべき頻度で実行されていない、という基礎的なものであった。

 攻撃者はこうした脆弱性を見逃さず、簡単に見つけ出して攻撃する手段を持っている。Linuxなどにも標的は広がり、便利なプラグインのフリをして攻撃プログラムが仕込まれているなど巧妙になっている。直接被害はなくとも感染拡大の踏み台にされれば、いずれにせよ企業の信頼性は大きく損なわれる。

 本レポートでは、攻撃者の手口はどのように変化しているか、最新の傾向をまとめ、その対策に関わる推奨事項やベストプラクティスについて解説している。攻撃者が悪用するWebサイトランキングなど、自社のリスク管理の際にも参考になる情報が盛り込まれている。早速内容を確認していこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. SSLサーバ証明書/WAF/セキュリティ診断の導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q2. SSLサーバ証明書の導入予定時期を、1つお選びください。(必須)
Q3. Webサイト/Webサーバのリニューアル予定時期を、1つお選びください。(必須)
Q4. WAF/セキュリティ診断の導入予定時期を、1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)」に収集される
  • 「合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/03/21
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間33ページ
ファイルサイズ6.07 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け