製品資料

ユミルリンク株式会社

メルマガを正しく届けるルールとは? メール配信をISPごとに最適化する方法

メールの一斉配信は顧客へのアプローチに欠かせない手段だが、その仕組みを社内で構築・運用するのは困難だ。そこで、スパム扱いからの回避策といったノウハウを生かした専用メール配信システムを活用したメールマーケティングの方法を解説する。

要約

 企業が顧客や会員に対するプッシュ型コミュニケーションを行う上で電子メールは欠かせないが、一斉配信メールを確実に届ける仕組みを自社で構築するのは困難なことでもある。例えば、各ISPにはスパムメール対策があり、アドレス変更や解約などにより無効となったアドレスへの送信が増えると、送信者はブロックされてしまう。

 しかし、エラーメールのパターンはISPごとにバラバラであるため、メールボックスが満杯になっているといった一時的なエラーにまで注意を払わないと、有効なアドレスも配信リストから除外することになりかねない。メール配信には難しい仕組みを必要としない反面、このような運用面での課題もある。

 そこで、メールを確実に届けるための「専門のノウハウ」「ルール」「調査し、改善する体制」を備えた専用ツールを導入する企業が増えている。本コンテンツでは、オンプレミス/クラウドに対応したメール配信システムを活用することで得られるメリットを分かりやすく紹介する。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/09
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間13ページ
ファイルサイズ1.25 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模大企業