製品資料

株式会社ミロク情報サービス

電子帳簿保存法の規制緩和で何が変わるのか?

2016年1月に大幅に規制緩和され、新たに運用が始まった電子帳簿保存法。国税関係帳簿や国税関係書類で必要となるほぼ全ての文書がスキャンデータで保存できるようになった。これにより、領収書などを電子化してコスト削減やペーパレス化を進める企業が増え始めている。

要約

 「電子帳簿保存法」は、国税関係帳簿や国税関係書類に対して、電子文書による保存を認めた法律だ。1998年に制定され、2005年に一部の条件を緩和する改正がなされたが、電子保存を認める対象や条件が厳しかったため、これまで普及してこなかった。

 しかし、2016年1月に適用された改正によりその適用範囲が一気に拡大した。原則としてほぼ全ての文書がスキャンデータで保存できるようになった。この他にも電子署名が不要になるなど、以前のルールで面倒だった部分が解消されたことで、法対応のメリットがさらに増した。

 具体的な活用法としては、日々の業務で発生する領収書などを電子保存し、財務会計管理システムにひも付ける形が考えられる。これにより、紙文書の保管場所や輸送費の節約などができる。本コンテンツでは中堅・中小企業でも手軽に行える業務改善方法として、システムを利用した電子帳簿保存の方法を紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/07
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ4.63 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け