製品資料

SCSK株式会社

Webサービスの負荷激増にどう対処する? “常時SSL化”時代のトラフィック制御

Webサイトの常時SSL化が進み始めたことで、トラフィック分散とセキュリティ対策を実現する新たなアプローチが求められている。そこで、いま注目されているのが、SSL処理のオフロードとWebサイトの負荷分散を同時に実現する「仮想ADC」だ。

要約

 Webサイトのトラフィック増大、サイバー攻撃の増加などを背景に導入が進むアプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)。ロードバランサーの上位製品であるADCは、高度なトラフィック制御技術により、WebサイトやWebサービスの負荷分散とセキュリティ強化を実現する。

 近年は、クラウド利用とネットワーク仮想化が大きく進んだことから、クラウド/仮想環境でWebサービスを提供する企業を中心に、このADCを仮想化する流れが生まれている。また、Googleなどが主導する「常時SSL化」への対応を考えた場合にも、この“仮想ADC”が有力な選択肢となる。

 今後、主要な検索エンジンがSSL通信を前提とするようになれば、SSL暗号化/復号処理の負荷は一気に高まる。その際、強力な負荷対策となるのが、SSL処理をオフロードしつつトラフィック分散を行える仮想ADCだ。本コンテンツでは、常時SSL化時代に欠かせないNFV(ネットワーク機能仮想化)製品として、仮想ADCの機能を解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. このコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. このコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. ADCやルータなどの仮想ネットワーク製品についてお聞かせください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/03
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間21ページ
ファイルサイズ1.45 MB
対象業種情報通信
対象企業規模全企業規模向け