製品資料

ベル・データ株式会社

データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋

サーバ仮想化、ネットワーク仮想化に続いて、データ仮想化が注目されている。日々増大するデータ量を大幅に削減でき、ITコストの抑制だけでなく、バックアップやDRの改善、開発テストの時間短縮、ハイブリッドクラウドへの対応まで行うという。

要約

 現在では、効率的なITインフラの構築のために、サーバやネットワークの仮想化が一般的に使われるようになってきた。一方で、扱うデータ量は急増を続け、バックアップやDRの仕組みを改善したい、手間や時間をかけずに開発環境を準備したい、クラウドをハイブリッドで活用したいといったニーズに対する課題となっている。

 これに対する答えが「データ仮想化」だ。データが増大する原因は、本番業務データではなく、バックアップやスナップショットなどの「コピーデータ」であるという点に着目し、重複排除・圧縮を行い、実データ量の増加を抑制する技術だ。

 データが整理されることで、ストレージや周辺機器のコストを大幅に削減できる他、開発テストの準備期間やコピーデータの容量を90%以上も削減できたという事例もある。本ホワイトペーパーでは、データ仮想化の仕組みや具体的な効果について解説している。活用例とともに詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/01
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間16ページ
ファイルサイズ1.24 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け