製品資料

ビッグローブ株式会社

業務システム用クラウドサービスの選び方――海外サービスとの比較、他

クラウドサービス選定の際、実績、サポートといった評価要素を比較しても、選択肢が多く迷うことは多い。ユーザー事例とともに、サービスを選択する際のポイントについて詳しく紹介する。

要約

 IT部門の人的リソースに余裕がない、あるいはそもそもIT部門が存在しない企業にとって、システム基盤をクラウド化できるようになったことは大きな変化だ。自社で保有していたサーバに比べて、より高い安定性や利便性を得つつも、費用を抑えることが可能になるからだ。

 しかし、サービス内容や課金形態などは事業者によって異なり、適切なクラウドの選定に悩む企業は多い。そこで、中堅・中小企業を中心に広く利用されている「奉行シリーズ」をはじめとする業務パッケージソフトに適したクラウドサービスを紹介する。

 奉行シリーズ開発元のオービックビジネスコンサルタント(OBC)によって国内最初の公認を受け、ライセンスやセキュリティ、動作保証はもちろん、連係ソリューションも組み合わせて稼働することが可能なサービスとなっている。オンプレミス(物理サーバ)や海外クラウドサービスと比較したメリットなどが、実際の利用者の声で明らかになっている。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「ビッグローブ株式会社」に収集される
  • 「ビッグローブ株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「ビッグローブ株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/02/22
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間31ページ
ファイルサイズ2.94 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け