レポート

アイティメディア株式会社

残念な顧客体験価値の原因は“統合”戦略?

顧客体験価値がものを言う現在の世界では、“ 作りっぱなし” の戦略は真に優れた戦略にはなり得ない。

要約

 どのマーケティングの教科書にも、「戦略とは、目標を達成するためによく考えて策定された計画または手段である」と書かれているが、ほとんどの状況において、同じ目標を達成するために複数の戦略が存在し得るということに私は戸惑いを覚える。
 それには正当な理由があるだろう。例えば、経済的な問題と競争力の問題をどの程度重視するか、あるいは以前の体験から学習したことや使える予算など、さまざまな要素が戦略に影響する。
 しかし、同じ目標に対して複数の戦略を用いた場合、結局大半は失敗する運命にある。このことは、実際にやってみれば痛みを伴いつつ思い知ることになるだろう。本当のところ、戦略が失敗する割合は驚くほど高い。米コンサルティング会社のSBI によると、マーケターの71%は、成果が出ない理由として不適切なマーケティング戦略を用いていることを挙げている。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アイティメディア株式会社」に収集される
  • 「アイティメディア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイティメディア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/02/21
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間3ページ
ファイルサイズ226 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け