事例

日本ストラタステクノロジー株式会社

シンプル運用で高信頼化を実現、京都岡本記念病院の「止まらない医療システム」

京都岡本記念病院は、電子カルテなどの基幹システムに一般的なHAクラスタを採用していたが、障害対策に課題を抱えていた。そこで、短期間・低コストでダウンタイムを最小化する方法として注目したシステムとはどのようなものだろうか。

要約

 電子カルテなどの基幹システム以外にも、停止してはならないシステムを多数抱える医療機関にとって、医療システムの可用性確保は最重要課題だ。しかし、医療業界でもITシステムの複雑化が進んでおり、コストや運用工数を抑えつつ医療システムの信頼性を向上させる方法が求められている。

 医療ICTに積極的に取り組む京都岡本記念病院も、以前はこのような課題を抱えていた。同院は、基幹システムに一般的なHAクラスタを採用していたが、システム障害の復旧に多くの工数が掛かっていた。原因は、システムのシングルポイントとなっていた共有ストレージだ。

 そこで、検体検査システムの刷新を機に、高可用な仮想化システムを導入。システムトラブルがあっても業務を継続できる医療システムを実現した。同院は、短期間・低コストでダウンタイムを最小化するために、どのような方法を選んだのだろうか。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/02/21
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ828 KB
対象業種情報通信、医療・福祉
対象企業規模全企業規模向け