製品資料

株式会社東陽テクニカ

ネットワーク障害対応を迅速化、多ポートキャプチャーで複数箇所をキャプチャー

ネットワークの複雑化に伴い、ネットワーク障害の対応業務はますます煩雑化している。障害解析のため複数箇所のキャプチャーを行うケースも多くなっているが、ここでは迅速かつ効率的な障害解析のためのキャプチャー方法を紹介する。

要約

 ネットワークの高度化により企業の生産性は大きく向上したが、その一方で、ネットワークトラブルへの対応業務が煩雑化している。障害箇所や怪しいデバイスを調べるために、複数箇所でパケットキャプチャーを行い、1台ずつデータを確認、さらにそれぞれ取得したデータを手動で合算するなど、ますます現場担当者の負担は増える一方だ。

 しかし、このような負担は、キャプチャーツールの改善により減らすことが可能だ。現在多くで使われているTAPを使ったキャプチャーでは、双方向トラフィックを受信するため最低2ポートを備えたキャプチャーツールが必要となる。ネットワークが複雑化した現在、複数箇所をキャプチャーするとなれば、キャプチャーツールが数台必要となるが、現実的には難しい(増やしたところで置き場所にも困る)。

 加えて、各箇所で取得したデータが同じ時刻情報を持っていなければ、ある瞬間に発生したトラブルがネットワークのどこで発生したのか、厳密に特定することも難しい。

 そこで注目したいのが、1台で複数箇所のキャプチャーに対応したマルチポイントパケットキャプチャーだ。本コンテンツでは、その仕組みを分かりやすく解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「株式会社東陽テクニカ」に収集される
  • 「株式会社東陽テクニカ」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「株式会社東陽テクニカ」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/02/16
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ1.22 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け