製品資料

SCSK株式会社

仮想化/クラウド環境のコスト削減――運用自動化に向けたネットワーク仮想化

仮想化やクラウドにより、サーバ/リソースをオンデマンドでデプロイできるようになった。しかし、従来型のネットワークは、依然として設定や運用が複雑で、効率化やコスト削減の余地がある。この課題を解消する方法として、仮想ルーターが注目されている。

要約

 仮想化やクラウドの技術により、サーバ/リソースのデプロイはオンデマンドで容易に実行できるようになった。しかし、システム全体の効率化やコスト削減を進める上では、もう1つ解消しなければならない課題がある。それは、従来型ネットワークが抱える「設定や運用の複雑さ」だ。

 そこで、この課題を解消する方法として導入が進んでいるのが、ネットワーク機能仮想化(NFV)に対応した仮想ルーターだ。スイッチングやルーティング、ファイアウォール、VPNなどの機能を備えた仮想ルーターは、ネットワーク設定の自動化や、オンデマンドのプロビジョニングを可能とする。

 本コンテンツでは、10Gbpsを上回る処理性能を備え、ハードウェアルーターと同等のルーティング性能を実現する製品について、その用途と導入効果を分かりやすく紹介する。通信事業者レベルのNFVを実現するための機能も、それぞれ分かりやすく解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. このコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. このコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. ADCやルータなどの仮想ネットワーク製品についてお聞かせください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、 「SCSK株式会社」「ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社」 に収集される
  • 「SCSK株式会社 」「ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社」 からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は 「SCSK株式会社」 「ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社」 のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/02/16
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間20ページ
ファイルサイズ1.51 MB
対象業種情報通信
対象企業規模大企業