事例

インフォアジャパン株式会社

キリンビールが求めた需給計画システム――多品種化する計画単位の対応が鍵

需給計画を立てるためスクラッチ開発したシステムを運用してきたキリンビール。ハードウェアの老朽化などから更新に迫られたが、酒類製造業の業務ニーズにマッチしたパッケージの選定が難航していた。

要約

 ビールやウイスキーなどを製造しているキリンビールは、需給計画システムをスクラッチで開発・運用してきたが、ハードウェア老朽化やミドルウェアのサポート切れなどの要因からシステムの更新を検討し始めていた。

 さまざまな業務パッケージ製品を比較検討してみるも、酒類製造業では1カ月先の需要を予測しながら、その時の在庫状況を考慮した生産計画の立案・製造が必要で、一般的な需給計画パッケージでは物足りず、その検討は難航していた。

 最終的に、本社の需給担当者が週単位で計画を立てられるSCM計画パッケージと、全国の工場で日別の生産計画を展開できるスケジューラーを組み合せたソリューションが採用された。稼働後、すぐに効果が発揮されたという新システムはどのようなものだったのか。本ホワイトペーパーで、事例を通じて導入検討の過程や効果について、詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/02/14
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ1.68 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け