レポート

日商エレクトロニクス株式会社

オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」

高速処理性能を持つストレージとして注目される「オールフラッシュストレージ」。高速処理性能ばかりがクローズアップされるが、その導入による効果は多岐にわたる。実際に導入した企業の事例とともに、その効果を詳しく解説する。

要約

 IoTに代表されるビッグデータ活用、ビジネスインテリジェンスによるデータ分析などのビジネスニーズから、ストレージには多種多様なデータを高速処理できる性能が求められている。そこで、次世代ストレージとして注目されているのが「オールフラッシュストレージ」だ。

 ただ、その高速処理性能こそ知られているものの、具体的にどのような恩恵を企業にもたらすかは意外と知られていない。例えば、「ソフトウェアライセンスのコスト削減」はその1つだ。データベースソフトウェアはサーバのソケット数やコア数に応じて課金するライセンス体系が大半のため、オールフラッシュを活用してサーバ台数を減らせば、コスト削減につながる。

 本コンテンツでは、オールフラッシュストレージにまつわる“知らないと損をする”4つの効果を、導入事例とともに紹介する。次世代ストレージに求められるスピード、経済性、信頼性を備えたオールフラッシュ製品が企業にどれだけのメリットをもたらすのか、ぜひ確認してもらいたい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/02/14
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間5ページ
ファイルサイズ199 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け