事例

日商エレクトロニクス株式会社

ダイハツ工業が挑んだストレージ刷新――目指すは小型車のような省エネ・高性能

自動車メーカーのダイハツ工業は、ITインフラ整備でも、スモールカーのように「シンプル」「スリム」「コンパクト」であることを追求している。そんな同社が、仮想化環境の刷新方法として着目したのがオールフラッシュストレージだ。

要約

 自動車メーカーのダイハツ工業は、自社が得意とするスモールカーづくりのコンセプトを全社で一貫して採用している。それが、シンプル、スリム、コンパクトであることを意味する「SSC」だ。この方針は、ITインフラ整備においても貫かれるという。

 同社は、トヨタ自動車の100%子会社となった2016年に、全社システムの8割が稼働する仮想化基盤の全面的な見直しを決定。その際も、このコンセプトに基づき、省電力・省スペース・省発熱を追求した。そんな同社が着目したのが、ストレージのオールフラッシュ化だ。

 4社4製品の実機検証では、運用性、信頼性、耐障害性を重視したテストを繰り返し実施。その結果、既存のクラスタ型ストレージとの比較で、消費電力を4分の1、占有スペースを8分の1にできる製品を選んだ。この他にもさまざまな効果があったという同社のストレージ刷新事例をさらに詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/02/14
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ882 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模大企業