事例

インフォアジャパン株式会社

厳格な製薬業界の規制に対応、保全担当の業務効率が大幅改善した秘訣

工場設備などの管理においては、トラブルが起きてからの修繕よりも、事前予防の保全作業が重要だ。工場の保全状況を「見える化」するEAMソリューションにより、メンテナンス効率が大幅に改善できた製薬メーカーの事例を紹介する。

要約

 製造業にとって、プラント設備や各種装置は命綱だ。たとえ小さなトラブルであっても、生産ラインが混乱し、大きな損失につながることもある。こうした事態を防ぐには、日々の保全作業が重要であり、「EAM(Enterprise Asset Management)」が大きな役割を果たす。

 本ホワイトペーパーでは、武田薬品工業の海外子会社である武田アイルランドのEAMソリューション導入事例を紹介する。特に厳しい規制が設けられている製薬業界において、EAMの運用がどれだけ柔軟に行えるのかを知ることができる。

 具体的には、それまで保全技術者の作業の6割が修繕対応に占められていたものが、実に2割以下となった。業務に余裕が生まれたことで、トラブルを予防するための計画的な保全作業を重点的に対応できるようになった。さらに「どの部品が使用されたか」といった状況がリアルタイムに「見える化」され、規模の拡大や業務要件の変化にも対応しやすくなったという。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/02/14
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間1ページ
ファイルサイズ509 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け