製品資料

NECソリューションイノベータ株式会社

「研究を停滞させずに守る」 大学・研究機関に適した情報保護対策は?

多数の情報資産を抱える大学・研究機関は、標的型攻撃のターゲットとなりやすい。しかし、研究を停滞させたくないという理由で、情報保護対策が進んでいないケースも散見される。研究を邪魔することなく情報を保護する対策はないのだろうか?

要約

 近年、大学・研究機関で情報漏えい事件・事故が多発している。その中には、マルウェアにより情報が漏えいしてから発覚までに半年以上かかったケースもある。それも外部からの通報で把握できたもので、通報がなければ被害がさらに拡大しかねなかった。

 多数の情報資産を抱える大学・研究機関には、こうしたサイバー攻撃だけでなく、誤操作や紛失などのヒューマンエラーへの対策も強く求められる。一方で、研究を妨げないよう配慮する必要があるなど、独自の課題が壁となって対策が進んでいないケースが散見される。そこで、注目されるのが研究情報の管理にも適した保護システムだ。

 守るべきファイルを整理・特定すれば、ファイルの暗号化や集中管理が可能となり、誤操作のリスクを減らす対策をファイルに合わせて自動的に適応できる。本コンテンツでは、大学・研究機関のような多くの機密情報を扱う組織に適した情報漏えい対策のポイントを解説していく。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/02/08
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間21ページ
ファイルサイズ2.91 MB
対象業種製造、医療・福祉、教育
対象企業規模全企業規模向け