技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略

ソフトバンクに買収されたARMはどうなるのか? ARM HoldingsのシガースCEOに同社の現状とIoT戦略についてインタビューした。他に、フラッシュ専用プロトコルNVMeやiOSのセキュリティ機能ATSの解説、Googleが公開した開発ツールやLinuxのホットパッチ機能などについてお届けする。

要約

 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。

■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性
■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%
■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicrosoft
■Googleがファジングを自動実行する脆弱性検知ツール「OSS-Fuzz」を公開
■ARM HoldingsのシガースCEOに聞くIoT戦略、そしてARMの強さの秘訣
■Linux vs. UNIX──ホットパッチ機能はLinuxがリード

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/01/25
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間16ページ
ファイルサイズ3.24 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け