製品資料

インフォグリーン株式会社

労働者へのストレスチェック、年1回の実施に必要な手間と費用をどう減らす?

労働者が50人以上の企業で実施することが義務付けられている「ストレスチェック」。年に1回の実施でも意外と負担が大きいことから、受検率の向上対策だけでなく、手間やコストの削減まで考えた運用が求められている。

要約

 厚生労働省の定めにより、労働者に対して年1回の実施が義務化されている「ストレスチェック」。労働者が50人以上の企業を対象とした制度だが、労災事故の防止や訴訟リスクの低減、人材採用への好影響などのメリットがあることから、対象外企業での実施も増えている

 その一方で、年1回でもそれなりに手間とコストが掛かることが担当者の間で問題となっている。ツール導入による効率化も模索されているが、専用ツールに十数万円を投じることには疑問が残る。また、ストレスチェックに人員を割けない企業からは「丸投げしたい」との声も聞かれる。

 そこで考えたいのが、ストレスチェック制度に対応したコミュニケーションツールの導入だ。本コンテンツでは、産業医や有資格看護師の紹介から受検率の向上対策、災害に備えたデータ保管まで、ストレスチェック制度対応をトータルでサポートする製品を紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/12/16
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間19ページ
ファイルサイズ981 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け