講演資料

日本マイクロソフト株式会社

働き方は変わりましたか? Office 365とモバイル活用の基礎講座

モバイル機器とクラウドサービスの進化で、社内にいなくともあらゆる業務をスムーズに行える環境を実現できるようになった。その機能の充実ぶりとともに、多くの企業が気にするセキュリティ面についても紹介する。

要約

 クラウドサービスやスマートフォンの普及でワークスタイルは大きく変化した。企業ITのスタンダードである「Microsoft Office」がクラウドで提供される「Office 365」を例に、モバイル活用のさまざまなケースで解説する。

 多様なアプリが出そろっていることで、外出先でもメールをリアルタイムで確認できるのはもちろん、印刷せずとも各種資料やデータが参照でき、見積への決済をその場でとることまでできる。操作感もモバイルに最適化されており、機能面での課題はほぼないといっていいだろう。

 一方で、機密データを抱える企業のシステムなら、どんなアクセスも許すというわけにはいかない。代表的なセキュリティとして、社外アクセスには社内よりも厳しい多要素認証を要求し、利用するデバイスを事前登録しておく、などの対応ができる。外部へのデータコピー禁止、実行検知でアラート、流出時に備えたデータ暗号化も有効だ。こうした「いつでもどこでも業務を行える」環境実現のための基礎について見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. 今後マイクロソフトより、最新の製品情報や各種セミナーのご案内など、有益な情報をお届けするための連絡方法をお選びください。(必須)
Q2. 本記事を閲覧する目的は何ですか?(必須)
Q3. IT(情報技術)へのお客様自身の関わり方として当てはまるものをお聞かせ下さい。(必須)
Q4. お客様の社内における立場 / 役割についてお聞かせ下さい。(近いものを1つだけお選び下さい)(必須)
Q5. ソリューションや製品 /サービスの「導入決定」に関するお立場をお伺いします。(必須)
Q6. 本記事に関連するテーマ/製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください。(必須)
Q7. 今回ご紹介したソリューションや製品/ サービスを導入するための「ご予算」についてお伺いします。(必須)
Q8. 閲覧に際し、下記の「個人情報の取り扱いに関して」をご確認ください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/12/01
フォーマットPDF
種類講演資料
ページ数/視聴時間17ページ
ファイルサイズ1.68 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け