製品資料

株式会社ラネクシー

複数サーバのシステム変更を一元管理、IT統制のコストと工数を減らす3つの秘訣

さまざまなセキュリティ対策やコンプライアンスリスク回避に欠かせないシステム変更管理。多数のサーバの管理が大きな業務負荷となっていることから、多くの企業が省力化や コスト削減を課題としている。そこで、IT統制を大幅に効率化する3つの秘訣を紹介する。

要約

 標的型攻撃による情報漏えいなどに備えて、企業はさまざまなセキュリティ対策を実施している。その際、機器の増設、システム構成や設定の変更、セキュリティパッチの適用などのシステム変更が複数のサーバに対して行われるが、その管理はどのようになされているだろうか。

 ITシステムの変更履歴は、変更作業時にミスがあった場合の復旧作業だけでなく、セキュリティ上の問題が発生した場合のシステム監査にも欠かせない。そのため、監査用のレポートを出力する仕組みを独自に構築して運用している企業も多い。しかし、このようなシステム変更管理がIT管理者の業務負荷を増大させている。

 そこで今注目されているのが、Active Directoryやファイルサーバなどのサーバ群の監視と変更ログの収集をエージェント不要で一元化できるシステム変更管理ツールだ。本コンテンツでは、IT統制やコンプライアンス対応の省力化とコスト削減を実現する3つのポイントを分かりやすく解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/11/14
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ705 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け