技術文書

アイティメディア株式会社

フラッシュストレージとSoftware Defined Storageの明日

ストレージ分野では、オールフラッシュストレージとSoftware Defined Storageが、新たなキーワードとして浮上してきた。この2つの間には何の関係もないように見えるが、実際には密接に連携するようになる可能性がある。一般企業における、この2つのトレンドの意味を考える。

要約

消費者向けデジタル機器では当たり前となったフラッシュメモリが、企業コンピューティングにおける新たな記憶媒体として注目されている。現在はデータベースなど特定用途向けの利用が目立つが、今後どのように普及していくのだろうか。

一方で、「Software Defined Storage」という言葉が急浮上してきた。これは現在、2つの意味で使われようとしている。ソフトウェアによるストレージ機能、そしてソフトウェアにおける各種ストレージ(ハードウェア、ソフトウェア)の集中制御だ。

この2つの流れはどのように、企業コンピューティングに影響を与えるのか。クラウドサービスとの関連はどうなるのか。米ストレージベンダー幹部へのインタビューを交えて、これを解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. あなたのお勤め先におけるストレージの導入検討状況にあてはまるものを、1つだけお選びください(必須)
Q2. お勤め先でストレージを導入する際、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/11/07
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ485 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け