レポート

ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

5年間で368%のROI、グローバルIT企業がADC刷新で成功した秘訣

多数の拠点を持つ企業では、アプリケーション配信を支えるADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)が重要だ。既存のハードウェアベースADCから、マルチテナントのサービスとして提供できる最新ADCに置き換えることで、多くのメリットが期待できる。

要約

 グローバル企業などではアプリケーション配信をサポートするITインフラの要として、ADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)が重要な役割を果たしている。しかし、各拠点では、ビジネスの成長に応じて利用するアプリケーションやその負荷も常に変化している。

 そのため、これまで主流だったハードウェアベースのADC製品ではサイジングが難しく、オーバースペックな機器によるコストの無駄が生じたり、逆に急な負荷増大への対応が遅れたりするといった課題があった。それに対し近年では、マルチテナント対応のスケーラブルなサービスとして提供できるADCも登場し、迅速なADCサービス展開や柔軟なコスト設定が可能になってきている。

 本コンテンツは、IDCが大手グローバルビジネス/ITサービス企業における第一線のネットワークアーキテクトにインタビューし、そのADC刷新の成果をまとめたものだ。インタビュー結果を基に、生産性やリスク軽減、コスト削減といった効果を算出し、ADC刷新により5年間で368%のROIを実現した成果を解説している。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/10/31
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間8ページ
ファイルサイズ508 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け