レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

BCP対策の弱点はどこか? “復元力”を検証するレジリエンシーフレームワーク

災害を想定したBCP(事業継続計画)を策定する企業は多いが、その後は検証されることもなく、放置されているケースが目立つ。そこで、あらためてBCPを検証し、より実効性の高いものへと改善するためのフレームワークを紹介する。

要約

 BCP(事業継続計画)の検証に役立つモデルとして、最近注目されているのが「レジリエンシーフレームワーク」だ。レジリエンシーは、自然災害や破壊的なセキュリティ侵害に遭った後、組織が素早く元の状態に戻る能力のことを指すが、広義のレジリエンシーフレームワークは、必ずしもシステムの復旧能力のみを扱うわけではない。

 しかし、現在の組織は全領域にITが浸透しているため、CIOやIT管理者が過去に策定したBCPをこのフレームワークで検証することが、多角的な判断に基づく改善につながる。例えば、災害の被害規模によっては、ワークスペースの確保が従業員の迅速な業務復帰につながるため、現状のプラン以外の対策を考えることも必要となる。

 本コンテンツは7つの階層に分かれているレジリエンシーフレームワークの概要を解説するとともに、組織全体やビジネスプロセスとアプリケーション、ITインフラストラクチャといった観点から「復元力」を検証するためのヒントを豊富に示している。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/10/17
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間8ページ
ファイルサイズ364 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け