事例

大興電子通信株式会社

「使い慣れた表は手放さない」、Excel業務から時間とコストの無駄だけなくす方法

Excelの優れた機能は誰もが認めるところだが、業務拡大などによるデータ増大が招く多くの手作業を嫌い、「脱Excel」を目指す企業が増えている。そこで、Excel業務効率化を果たした10の事例を基に、Excelのパフォーマンスを最大化する方法を紹介する。

要約

 大量のデータ入力に対して優れた操作性を備えたExcel。数式を即座に計算し、多彩な形式でデータを可視化できるなど、その性能は誰もが認めるところだが、近年は「脱Excel」を目指す企業が増えている。その理由の1つがExcel業務に伴う数多くの手作業だ。

 手作業の増加によるExcelのパフォーマンス低下は、実際に多くの企業で見られる。例えば、ある企業の経営企画部では、毎週行われる営業会議用の資料にExcelを利用していたが、業績が良くなるほど担当者の作業量が増える状況に陥ったという。それでは、同社はどのようにして、この問題を解消したのだろうか。

 同社が解決策として選んだのが、Webブラウザから場所を選ばずに利用できるExcel業務用プラットフォームだ。VLOOKUP同様の機能やコピー&ペーストの自動実行機能などを備えた製品で、Excelよりも高速な処理能力が特徴だ。本コンテンツでは、業務改善を果たした10の事例から、Excelを最大限に活用する具体的な方法を紹介する。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/09/01
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間24ページ
ファイルサイズ4.11 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け