製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

次世代アプリの開発環境、オープンソース向けIT基盤を選ぶべき理由とは?

アプリケーション開発ではオープンソースを軸としたIT基盤が既に定着しているが、次世代アプリケーション開発においてもLinuxを中心とした開発環境が重要になるといわれている。そこで、IDCの考察を基に、次世代のLinux基盤に求められる条件を検討する。

要約

 今日では、オープンソースを軸とした新規プロジェクトは、開発に参加する個人、商業ベンダー、サービスプロバイダー、エンドユーザー企業などの取り組みや協力により、すぐに立ち上げることができるようになった。また、その開発基盤の信頼性も確立されてきており、マイクロソフトもAzure上で、Linuxをサポートするようにまでなってきた。

 この流れは、ソーシャル、ビッグデータ/アナリティクス、モビリティ、クラウドコンピューティングの業界に大きな影響を及ぼす次世代アプリケーション開発においても、続くと考えられる。今後、オープンソースのアプリケーション開発ツールと、プラットフォームに依存しない実行環境は今まで以上に重要なIT基盤になっていくだろう。

 本コンテンツでは、IT調査会社IDCの考察を基に、次世代アプリケーション開発に求められるLinux基盤について検討する。オープンソース向けに開発されたスケーラブルなLinux基盤がどれだけの性能を備え、今後の開発環境や開発モデルにどのような影響を及ぼすのか、さらに詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/08/23
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間9ページ
ファイルサイズ419 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け