製品資料

GDEPソリューションズ株式会社

Webサービスの負荷テスト、自動化でコストと時間はどこまで削減できる?

Webサービス・Webアプリケーションの停止やパフォーマンスの悪化は、ビジネス機会の損失や生産性の低下などに直結する。このような事態に陥らないためには、精度の高い負荷テストを自動的に実行できる負荷テストツールを活用することが重要だ。

要約

 企業間決済や電子取引、オンラインバンキングなど、近年では多くのサービスやアプリケーションがWeb化されている。これらのWebサービス・Webアプリケーションの停止やパフォーマンスの悪化はユーザー満足度の低下を招き、ビジネス機会の損失や生産性の低下などの損害を企業に与える。

 このようなトラブルを避けるためには、リリース前に精度の高い負荷テストを実施し、アクセス集中による影響を的確に捉える必要がある。しかし、負荷テストを人海戦術で行うことは人件費の面から考えても現実的ではない。そこで利用したいのが、想定されるユーザー動作シナリオに基づき自動的に負荷をかけるテストツールだ。

 負荷テストツールの中には、手間の掛かるユーザー動作シナリオのスクリプト化を自動で行える製品も存在し、一般的な負荷テストツールよりもコストや労力を抑えた負荷テストが行える。本コンテンツでは、自動化の進んだ負荷テストツールが、実際にどれ程のコストパフォーマンスを発揮するのかを導入事例を交えつつ紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/08/16
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間26ページ
ファイルサイズ2.69 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け