レポート

ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

数字で見る従来のストレージアーキテクチャの限界、将来に向けた対策は?

ビジネスクリティカルなワークロードが急増していることから、従来のストレージアーキテクチャでは企業の競争力を維持できなくなりつつある。そこで、米調査会社Forrester Consultingの調査を基に、将来に渡る企業の成長を支えるストレージアーキテクチャのメリットを考察する。

要約

 企業の広範な成長を促すアプリケーション群の活用が進んだことで、ビジネスクリティカルなワークロードが急激に増大している。これにより、従来のストレージアーキテクチャでは、企業の競争力を維持することが難しくなり始めている。

 ビジネスクリティカルなワークロードの増加が招く主要な問題としては、不適切なデータアクセスによる効率の低下、競争力の低下、イノベーション能力の減少の3つが挙げられる。それでは、ビジネスクリティカルなワークロードによるリソース不足を防ぎ、将来に渡って成長を続けるためには、どのようなアーキテクチャが必要だろうか。

 これらの問題を解決するアーキテクチャとして、近年注目されているのが専用IPストレージネットワークだ。本コンテンツでは、米調査会社Forrester Consultingの調査を基に、現在の課題と専用IPストレージネットワークから得られるメリットを解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/08/08
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間1ページ
ファイルサイズ220 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け