事例

株式会社ネットワールド

標的型メール攻撃をクラウド型サンドボックスで防御、南総通運の統合対策とは?

小売業や製造業のビジネス変革が進んだことで、物流業界でも市場変化に即応できるIT基盤への刷新が図られている。そこで、あらためて検討されるようになっているのが、近年、悪質化・巧妙化が進む標的型メール攻撃などへの対策だ。

要約

 小売業や製造業における変革が急速に進むなか、そのビジネスを支える物流業界にもサービスの品質やスピードの向上が求められるようになりつつある。そのため、市場変化に即応できるIT基盤への刷新が急がれているが、その際、合わせて考えなければならないのがセキュリティ対策だ。

 その参考となるのが統合ロジスティクス事業を展開する南総通運の事例だ。同社は新基幹システム構築の際、標的型メール攻撃などへの対策を重点的に行った。ファイアウォールには、統合セキュリティアプライアンスで未知の脅威に対抗するサンドボックス機能を備えた製品を選び、メールに特化したセキュアメールアプライアンスも同一機能を備えた製品で統合した。

 とはいえ、製品選定のプロセスでは紆余(うよ)曲折もあったという。ファイアウォール、メール、サンドボックスの機能の全てを物理アプライアンスで実装すると予算をオーバーしてしまうからだ。それでは、この課題を同社はどのように解決したのか。同社が選んだシステムの構成やコスト削減効果などをさらに詳しく解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/07/29
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ1.63 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け