製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

ビッグデータをより速くより深く分析するための必須条件とは?

ビジネスにおけるビッグデータ分析の重要性が増し、その基盤となるハードウェアには高い能力が求められる。ビジネスを左右する分析基盤として選ぶべきシステムとは何か? その選択ポイントを解説する。

要約

 膨大なデータから新たな価値を生み出すための必須条件とは何か? それはより速く、より深く分析できるIT基盤だ。ビジネスにおけるデータ分析の重要性が増す中、処理能力だけでなく仮想化機能、信頼性、セキュリティにおいて高い能力を備えたシステムが求められている。

 使用するOS、求められる処理能力、採用する仮想化技術などシステム担当者が検討すべき事項は多いが、特に重視すべきはプロセッサを最適化する技術だ。その1つとして知られるLPARは、仮想化によりプロセッサを論理分割することで、パーティションのリソースを最適化する。

 この技術により仮想化統合した1台8コアの環境が、8台24コアの分散環境のパフォーマンスをも上回るというデータもある。本コンテンツは、LPARを採用したシステムの処理能力からセキュリティまでの機能を幅広く解説している。従来システムが課題とする部分でどれだけ高いパフォーマンスを発揮するのか、詳しくはぜひ資料を確認してもらいたい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/05/18
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ1.99 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け