事例

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

アプリケーション仮想化の効用――先行導入企業の活用事例に学ぶ

インターネット接続環境の分離によるデータ保護や、マルチデバイスでの社外からの業務アプリ利用といった業務効率化の観点から、アプリケーション仮想化に再び注目が集まっている。実際に導入している企業では、どのように取り組みが行われているのだろうか。

要約

 近年、データ保護の観点から重要なデータやシステムにユーザーが直接アクセスすることを制限するセキュリティ対策が取られるようになった。一方、業務効率改善の観点では、マルチデバイスへの対応や業務アプリ利用環境の拡大などの要求が高まり、ユーザーが扱えるデータや機能の拡大が求められている。

 こうしたニーズに応える形で、アプリケーションの仮想化が再び注目されている。インターネット接続環境の分離や個人情報を扱う重要システムと分離することで、より高いセキュリティを担保する。また、業務アプリのマルチデバイス対応や社外からの業務アプリの利用などデータを社外に持ち出さないで業務を効率化する際にも活用される。

 本コンテンツは、アプリケーション仮想化の実践について解説している。データ保護や業務の効率化だけでなく、事業継続計画(BCP)対応や災害(DR)対策の観点からも有効なアプリケーション仮想化について、事例を交え詳しく紹介されている。今後数年先を見据えたデスクトップ環境のロードマップを検討するには、必携の内容となっている。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. 閲覧に際し、以下の「個人情報の第三者提供について」をご確認ください(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/05/26
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間23ページ
ファイルサイズ3.72 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け