レポート

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

その時間と費用は本当に必要か? ストレージ更新の新旧モデルを徹底比較

数年ごとに繰り返されるストレージ基盤のアップグレード。その度に多くの時間と費用が投入されているが、これは本当に必要なことだろうか。再購入や再ライセンスなどが不要で、更新時のダウンタイムも無い、従来とは異なるアプローチを探る。

要約

 ストレージの典型的なライフサイクルは3〜5年といわれている。多くの企業では、全面的な入れ替え、システムの再購入、新しいストレージコントローラーやストレージメディアの配備などを行いながらストレージ基盤を更新している。しかし、この繰り返しによる時間と費用の損失は本当に必要なことだろうか。

 IT・通信分野を専門に調査分析しているIDCによれば、従来のアプローチがビジネスに及ぼす問題点は4つあるという。「製品モデルによってユーザーが旧式のテクノロジーにロックインされる」「総入れ替えによるダウンタイムなどの発生」「オンディスクフォーマットが異なる場合の変換リスク」「アップグレードコストの高騰」である。

 本ホワイトペーパーは、この問題解消に向けた新たなストレージ更新モデルのレポートだ。ハードウェアの再購入、ストレージソフトウェアの再ライセンス、メンテナンスやサポートの追加コストを必要としない選択肢が示されている。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/04/25
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間9ページ
ファイルサイズ460 KB
対象業種製造、金融・保険、教育
対象企業規模大企業