技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 3月16日号:Microsoftが米国政府と全面対決

巻頭特集は、メールサービス市場におけるOffice 365とGoogle Appsのシェア争いの現状を紹介。また、仮想環境の構築に際して「VMwareは複雑で高すぎる」として不採用を決めたSaaSプロバイダーの事例、ユーザーデータをめぐってMicrosoftが米国政府を訴えた件について、同社担当者に話をきいた。

要約

 Computer Weekly日本語版 3月16日号は、以下の記事で構成されています。

■勝者はOffice 365かGoogle Appsか──メールサービス市場は混迷模様
■変化するCIOの役割、だが「こうしたスキルを備えている者は多くない」
■VMwareは複雑で高すぎる──あるSaaSプロバイダーが選んだ仮想環境とは?
■プライバシーか安全か、Microsoftと米国政府が全面対決
■6大サプライヤーの2016年オールフラッシュアレイ製品戦略

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/03/16
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間17ページ
ファイルサイズ3.11 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け