技術文書

アイティメディア株式会社

ビッグデータアプライアンス製品導入戦略ガイド

新しい製品と位置付けられていたビッグデータアプライアンスが、データウェアハウスハードウェアやソフトウェア向けの主流製品へと成長している。

要約

 新しい製品と位置付けられていたビッグデータアプライアンスが、データウェアハウスハードウェアやソフトウェア向けの主流製品へと成長している。アプライアンスは、サプライヤーがハードウェアに必要なOSとデータベースをプリインストールして、全てをデータウェアハウス型のワークロードに合わせて調整する。

 本稿では、インメモリデータ処理市場における企業の「SAP HANA」利用動向、他のデータウェアハウスを統合した「SAP Business Warehouse」の実装、出費に見合った価値を保証するためビッグデータアプライアンスの選定に慎重さが求められる理由、シンプル性とビッグデータがアプライアンスの普及を加速させ、サプライヤーがクラウドサービスの統合に力を入れている現状について紹介する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/02/24
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間12ページ
ファイルサイズ2.93 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け