製品資料

アペックス株式会社

クラウドだけどインターネットを使わない、専用アクセスラインで安心の監視カメラサービス

一般の店舗や飲食店から、工場、ショッピングセンター、公共交通機関、そして観光地など、あらゆる場所でカメラソリューションが稼働している。しかし一方で、このソリューションの新たな課題も数多く指摘され、問題も浮き出ている。

要約

 カメラソリューションが大きく普及した一因は、インターネットやネットワーク技術が進展し、クラウドの活用で低コストなサービスを提供する事業者が続々と登場したからだ。それまではユーザーがSIerと協力して、カメラ、ネットワーク、ストレージの全てを自前で用意していたが、クラウドの登場によってストレージがこれに代わり、コストが低減した。

 しかし、クラウド監視カメラソリューションに対して課題も指摘されるようになってきた。保安レベル向上のため複数拠点に設置するようになり、運用や保守工数が増えてコスト問題が再浮上してきた。また、端末増でセキュリティ管理が行き届かなくなり、映像が不用意に公開されてしまう事故も起きている。

 本ホワイトペーパーは、専用アクセスラインを利用した“インターネットを使わないクラウド監視カメラソリューション”を紹介している。インターネットにつながないことでセキュリティが高まり、ストレージなどの保守は不要、カメラ1台から月額課金で利用できる。一般ユーザーにとっても事業者にとっても、非常に役立つ資料である。


TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/01/29
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ1.35 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け