技術文書

インフォブロックス株式会社

DNSファイアウォールが可能にする真のセキュアDNS

DNSはネットワークの根幹をなすサービスといえる。新たなキャッシュポイズニング攻撃に代表されるDNSの脆弱性は、多くのシステム管理にかかわる問題。DNSセキュリティ対策のベストプラクティスを紹介する。

要約

 2008年7月、Dan Kaminsky氏により新たなDNSキャッシュポイズニング脆弱性と、その手法が発表された。この脆弱性により、DNSはもちろん、ドメイン管理やIPアドレス管理に携わっているあらゆるユーザーにとって、2008年は特別な年になった。

 それほどまでに、この脆弱性の発見はネットワークインフラストラクチャに大きな影響を及ぼしている。対症療法で回避する、可能性の問題にとどまる、という過去の脆弱性とは異なるDNSキャッシュポイズニング脆弱性は、DNSの世界を大きな転換期に立たせようとしている。

 本書ではDNSの仕組みの理解、このようなセキュリティ問題に的確に対処する方法、そして社内のDNSをノンストップで、安全にかつ簡単に運用するための適切な実装を紹介する。

 本ホワイトペーパーは、@IT Security&Trustへ「いますぐ知るべき DNSキャッシュポイズニングの影響と対策」を寄稿した、InfobloxのProfessional Service Engineerの藤川浩一による著書となる。

http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/special/130dnspoisoning1/dnspoisoning01.html

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. コンタクト方法をお選びください(必須)
Q3. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q4. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q5. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2008/12/16
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間37ページ
ファイルサイズ1.74 MB
著者名KouichiFujikawa, Infoblox Japan
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け