技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 11月4日号:新DDoS攻撃「ローアンドスロー」の脅威

攻撃者は、DDoS攻撃をある恐ろしい目的のために行っているという。新しいDDoS攻撃の真の脅威とは? 他に、顔認識技術を使う小売業者の実際、多くのルーターにバックドアが仕込まれている問題、オープンソース活用、Auze導入事例などをお届けする。

要約

 Computer Weekly日本語版 11月4日号は、以下の記事で構成されています。

■iPad Proの真のライバルはSurface Pro 3にあらず
 以前からその存在がうわさされ、ようやく発表されたiPad Pro。Surface Pro 3と競合すると目されているが、本当に競合する製品はSurface Pro 3ではないという。
■DDoS攻撃の目的は「サービス妨害よりも怖い」攻撃のカモフラージュ
 収益機会とブランドイメージを低下させるDDoS攻撃。これだけでも十分脅威だが、最近はサービス妨害よりもさらに恐ろしい目的のためにDDoS攻撃が行われているという。
■「30%の小売業者が顔認識技術で顧客を追跡」に反発する理由、受け入れる理由
 小売業者の約30%が顔認識技術で店内の顧客を追跡しているという。小売業者によるデータ収集は増大傾向にあり、データ収集・利用の在り方を見直す必要が出てきた。
■多くのルーターに存在するバックドア、最悪の悪用シナリオとは
 多くのメーカーがルーターに認証情報をハードコードしており、攻撃者に悪用される可能性がある。このバックドアを悪用されると何が起きるのか?
■自社でもやってみたくなるオープンソース活用事例
 著名なオープンソースプロダクトはそれなりに普及しているが、イノベーションを起こすOSSはまだまだある。
■ライセンス管理ポータルを独自開発した大学がMicrosoft Azureを選んだ理由
 通信教育を行っている英公立大学は、著作権管理に頭を悩ませていた。そこでライセンス管理ポータルの独自開発に着手。基盤にMicrosoft Azureを選んだ理由とは?

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/11/04
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間17ページ
ファイルサイズ3.35 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け