レポート

デマンドウェア株式会社

現在のPOSシステムの先にあるもの、統合コマースプラットフォームによる未来とは

米国での調査報告によると、70%の小売企業が老朽化するPOSソフトウェアの更新を計画しているという。日本においてもシステム更新を迫られる小売企業は多く、更新内容の検討が続けられている。そこで注目されているのが「統合コマースプラットフォーム」だ。

要約

 全米小売協議会(NRF)とアリゾナ大学が2014年に発表した報告書によると、70%の小売企業が今後3年間のうちに老朽化するPOSソフトウェアの更新を計画しているという。そこで注目されているのが「統合コマースプラットフォーム」の構築だ。これは従来の複数システム上に存在した主要なデータ要素、ビジネスルール、さまざまな機能を統合するもので、購買体験の全体を通じた消費者とのやりとりや取引の全てを管理する。

 日本の小売企業でもECサイトのオムニチャネル化が進み、実店舗でのさまざまな施策と融合する流れが来ている。顧客の購買エクスペリエンスを重視した効率的な事業運営をいかに進めていくかが重要な経営課題だといえる。そのためには顧客情報の取得と活用を包括的に把握する環境が欠かせない。統合コマースプラットフォームはそれを実現する手段として導入検討されているシステムだ。

 本ホワイトペーパーでは、統合コマースプラットフォームの基本概念から活用メリットまでを詳細に解説している。既に海外で先行して成功した最新の事例も紹介され、顧客の求める購買エクスペリエンスとは何か、を理解する上で役立つ資料となっている。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/10/30
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間14ページ
ファイルサイズ727 KB
対象業種流通、情報通信、その他
対象企業規模全企業規模向け