技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 10月21日号:今、リプレースが必要な理由

巻頭特集は、IE旧バージョンのサポート終了をめぐる動きをリポート。また、セキュリティ的に脆弱なFlashに代わりHTML5を使うべきと説く識者のオピニオンを掲載。解説記事では、MapReduceからApache Sparkへ移行するメリットを紹介。他に、第6世代Intel Coreが市場に及ぼす影響を紹介する。

要約

 Computer Weekly日本語版 10月21日号は、以下の記事で構成されています。

■Internet Explorerのサポート終了でレガシーの呪縛を断ち切れるか?
 Microsoftは、IE8、IE9、IE10のサポートを終了する。ブラウザベースのアプリケーションを多く抱える企業は、社内アプリケーションの見直しが急務だ。
■HIV患者情報漏えい事件はなぜ起こったのか?
 ロンドンのHIV専門クリニックが、HIV患者の情報を漏えいしてしまった。原因は単純なミスだった。このようなことがなぜ繰り返されるのか?
■FlashはHTML5に役目を譲って勇退せよ
 さまざまな企業が、Flash排除の動きを強化している。Flashの歴史を振り返りつつ、HTML5へリプレースすべき理由を明らかにする。
■Intelの第6世代プロセッサがPC市場の救世主と目される理由
 Windows 10がリリースされてもPC市場の低迷を止めることはできなかった。そのPC業界が期待を寄せるのが、第6世代Intel Coreプロセッサだ。
■MapReduceよりApache Sparkを採用すべき理由、採用できない理由
 Apache Sparkの採用が増えている。最大の魅力は、MapReduceよりも圧倒的に高速なことだという。それ以外にも、さまざまな人が多くのメリットを語る。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/10/21
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間18ページ
ファイルサイズ3.70 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け